“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏恒例、野球観戦の会

「我が家は親子でパ・リーグファン」

先日、千葉マリンスタジアムへ野球観戦に出かけてきました。
石垣島へ移住した旧友、サコンくんの帰京に合わせての
ロッテ戦観戦も毎年恒例となっております。
団長はちょっとだけおなじみの“ロッテきち”さん、
そうです、オイラの親父でございます。
このロッテきちさんとサコンくんは大のロッテファンで、
この二人は非常に仲良しなのです。
オイラは子供の頃からファイターズファンなんですが、
(初めて観戦に連れて行ってもらったのがファイターズ戦)
個人的には生観戦ができれば満足なので、予定の都合上、
この日の試合はロッテ×楽天でした。

試合も終わってスタジアムを出たとたんに
もんのすごい集中豪雨にやられて3人とも全身ずぶ濡れに。
70すぎの老人と40すぎのオッサン2人がズブズブの
異様な風体のまま電車に乗って帰りました。
でもそれはそれで結構楽しかったりしてね。

やっぱり野球観戦はいいですね~。
だんだんと陽が落ちて暗くなってくる空の雰囲気、
ナイターの美しい照明、バットにボールが当たる音、
テレビでは見れない盗塁のタイミングとか
シチュエーションに応じた選手の守備位置変更とか・・
そういうのが見れるのがほんとに楽しいのです。
だいたい、これだけの広い平地を見下ろすというのも
普段の生活では なかなか無いことなので
ゆったりとした開放感も味わえます。

ちなみに我々は野球観戦は大好きですけど、
応援グッズとか「かっとばせ~○×」とかはいっさいやりません。
もちろん席も外野の応援席ではなく、内野の安価な席で。
ロッテきちさんは写真のごとくマリーンズの帽子をかぶって
着ているTシャツの胸にも“野球魂”と書いてありますが、
観戦時は非常に紳士なのであります。
いまから来年のこの集まりが楽しみです。

野球を見に行くといつも自分でプレーしたくなります。
草野球は人数を集めるのが大変なんだよね~
スポンサーサイト
華麗なるペン回し!

例えば、日々のニュースネタとかをひっぱってきて
自分のブログにわざわざ書くのも芸がないので
極力やらないようにしてるんですが、
先日のヤフーのニュース欄で面白いサイトを見つけて
こればっかりはガマンできずに書くことにしました。

あの“ペン回し”がメジャースポーツになったようです。
さらに調べて見るとサイトもいくつかありました。
特にオススメなのがペン回し資料室というサイト。
ちゃんと技の名前なんかもあったりして、かなり本格的です。
自分の記憶が定かであれば、もう5~6年も前に“私のペン回しの記録”
というサイトをやっていた人と同一人物だと思われます。
その頃ブックマークに入れて、よく華麗な技を拝んでおりました。
当時から比べて通信回線も高速になったし、
動画も鮮明になったのでより楽しめるようになってます。

「ペン回しなんて面白いの?」という向きもおられるでしょうが、
個人的にはこういうの大好きです。
ちなみにオイラはちょっと回すくらいしかできません。
「よし、練習するかな?」とも思っちゃうところですが、
特にコレ↓なんか見ちゃうと完全にビビっちゃいますね。
http://freestyle.penspinning.info/mp4/%234.mp4
素晴らしすぎて20回くらい見ちゃいました。
「カッコイイぞ!、ペンスピナー達!」

あ~、そうそう、
写真は上記のサイトなどとは全く関係ありません。
ファイターズと後楽園の思い出

今年のプロ野球は大番狂わせ、
なんと北海道日本ハムファイターズが
日本シリーズを制覇しました。
日本一は44年ぶりだそうです。
オイラもまだ生まれてないですね。
優勝なんて見れると思ってませんでしたから
うれしいというよりピンときてません。
なにはともあれよかったですね~。

思い起こせば小学3年生の時に
少年ファイターズというファンクラブに
入会したのをきっかけに応援してきたわけですが、
ほとんどが最下位争いをしているようなチームなので
勝とうが負けようが一向に気になりません。
球場に行った時もいい試合が見れればそれで良し。
この頃からなににつけても
負け犬根性が染み付いた人生なのかもしれません。

千葉に住んでいた少年時代には
かつての本拠地、後楽園球場へはよく行きました。
少年ファイターズ会員は入場料がタダのうえ、
球場へ行けばいろいろなグッズがもらえたので
それが目的でもありましたけど。
初めて子供だけで電車に乗って
お出かけしたのもファイターズ戦でしたし、
初めてカツアゲに遭ったのも後楽園でした。
ひざをガクガクさせながら撃退したのを
いまでもはっきり覚えています。
裏口で選手の出待ちをしたり、
どんぶりの中をのぞくのがやっとなのに
立ち食いそばに挑戦してみたり・・
ダフ屋に余り券をあげて
100円もらったこともあったな~。
後楽園とファイターズの思い出は
冒険と大人の世界を垣間見るワクワクでした。

こんなことを今さら思い出すのも
今回の快進撃があったからだと思います。
たかが野球と思う人もいるでしょうが、
自分にとってはいまでもこれからも
欠かせない娯楽のひとつなのです。
庶民全開ですね~。
“長嶋茂雄”五郎くんからのバトン
テーマは“長嶋茂雄”で、とリクエストつきで
五郎くんからバトンが回ってきました。
今回のは「担当バトン」だそうです。
ちなみにオイラは長嶋さんは大好きですが、
決して巨人軍のファンではありません。

それでは本題スタート

Q1.あなたの担当を教えて下さい(複数不可)

 ・ミスタープロ野球“長嶋茂雄”

Q2.では、自担(自分の担当の略)のすきなところを10個書いてください。無ければ結構です。
 ・野球がうまい
 ・身のこなしが美しい
 ・声、しゃべり口調
 ・唯一無比
 ・実直で努力家
 ・非凡人
 ・愛すべきキャラクタ-
 ・誰よりも野球が好き
 ・天才でありながら努力家

 これ難しい質問だね。うまく書き表せないな~
 
Q3.では、自担の嫌いなところを10個書いてください。無ければ結構です。
 ・なし。長嶋茂雄であればそれで良し!
 
Q4.自担を色に例えると?
 ・燃える男の赤とオレンジ
 
Q5.自担は現時点で何点?
 ・満点
 点ってどういうことよ?点なんかつけられないよ!
 
Q6.自担への要望を1つどうぞ。
 ・一日も早く体調を整えて我々野球ファンの前にそのお姿をお見せください。
  
Q7.次に回す方の担当さんの名前と、あなたが思うその担当さんの いいところを1つ付け加えて3人(3人以上可)に回してください。

 どなたでもどうぞ。

こういうの結構難しいね。
特におもろい内容にはならなかったけど
どうかご勘弁。

060923.jpg
自室に掲げてあるパネル。
自分のラッキーナンバーはもちろん“3”です。
マリーンズvsファイターズ観戦

休みの間、実家に戻って何をしていたかというと、
毎回恒例になるつつあるマリンスタジアムでの野球観戦。
“ロッテきち”と名乗る筋金入りのロッテファンの
オヤジが日本ハムファンのオイラに合わせて
ロッテ×日ハム戦のチケットを毎回用意して待っているわけです。
しかも今年はオイラの20年来の友人の“ヒコン”くんが
(コイツも熱狂的なロッテファン)
石垣島から東京へ帰省で戻ってくるというので
オイラ以上にオヤジが楽しみにしていたというワケなのです。
当日は、せっかくだから早めに出かけて
ロッテミュージアムを覗いたり、試合前の練習も見てきました。
試合自体は地味でしたが、小林雅英の200セーブ達成の
瞬間も見れたし、やっぱり生観戦はサイコーです。
試合が終わってからはヒコンくんもウチの実家に泊まって
またまた野球談義で一日はしゃいだオジサン3人組でした。




068202.jpg
スタジアムのビールねえちゃん。

昔はスタジアムのビールの売り子といえば
若いバイトあんちゃんがビールの木箱をお腹の前に抱えて
「ビールいかがっすか~」と独特のイントネーションで
指に千円札をはさんでねり歩いていたもんです。
子供の頃はこれがカッコ良く見えて、
「自分も高校生になったらこのバイトをしたい」
とあこがれてました。野球もたっぷり見れるしね。
そんな不純な理由で、後楽園球場からの帰りの電車から見える
東洋高校に入りたいな~、などと意味も無く思っていたわけです。
しかし、時代は移り変わり、
最近では生命維持装置みたいなビールサーバーを背中に背負った
おねえちゃんばかりです。で、みんな結構カワイイんだよね。
残念ながらオイラは飲めないので注文はできませんが、
前の席に座ってたおっさんが、このおねえちゃんが通るたびに
注文してんの。途中から数えてたけど10杯以上。
すっかりクラブでお酌してもらってるみたいな状態なのです。
でもわかるよ~、かわいいもん。
| Home | Next
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。