“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれから20年『Carter USM』愛のアルバム
写真 2013-03-24 0 29 13
『1992 THE LOVE ALBUM』

これが発表されてからもう20年か〜
この2人組は当時30歳オーバーで
ずいぶんオジサンだな〜なんて言われてたけど
今思えば30なんてまだまだ若人だよね。



『Carter USM - The Only Living Boy In New Cross』

シンプルな打ち込みとギター2人だけなんだけど
(その後ドラマーが加わり3人バンドに)
ライブの迫力たるや凄まじかったよ。
1992年当時渋谷のクアトロに観に行って、
すげ〜感化されちゃって
当時組んでたバンドのギタリストと2人で
スタジオでカーターごっことかしたもんです。
今でも強烈に印象に残ってるライブでした。
カーターはいまだに聴き続けています。



Carter USM - Rubbish

ハマったきっかけはこの曲
「パンクのニュースタイルだ〜」っと感じたのでした。
後半の疾走感がたまらないっす!
スポンサーサイト

テーマ:PUNK ROCK - ジャンル:音楽

『SUMMER SONIC 2012』今年も堪能したよ
夏休みのイベント『サマーソニック2012』に行ってきた。
前々回は2人、去年3人、そして今年は4人で。
年々メンバーが増えてきてそれも楽しいですね〜

まずは『カーディガンズ』
nina.jpg
主に4枚目のアルバム
『グランツーリスモ』からの曲で構成されてました。
お人形さんみたいに可愛かったニーナ・パーションは
いいお年頃の女性になってて、これまたえらい美人。
カッコよくてカンロクすらありましたよ。
しかし癒される声だった。
『ライズ&シャイン』のイントロが始まった時には
なぜだか泣きそうになっちゃったよ。

そして『ティアーズ・フォー・フィアーズ』
tff.jpg
ひまわりがクルクル回ってるということは
名曲『SEEDS OF LOVE』ですね、ほんといい曲。
高校時代大好きで聴きまくってた『Chenge』もやってくれた。
ほかにも聴きたい曲があったんだけど、
涙をのんで切り上げ、となりのステージに移動。

移動したステージでいよいよ今回のメイン目的、
『ニュー・オーダー』です。
jd.jpg
行きの電車の中でみんなで
「こんな曲をやって欲しいね。
でも、初期の曲はあんまりやらないか〜」
さらには
「サービスでジョイ・ディビジョン時代の曲とか
やってくんないかね〜」
なんて冗談言ってたわけですよ。

そしたらブルーマンデーはもちろん
パーフェクト・キスはやるは
セレモニー、テンプテーション、トゥルーフェイスなど
後半はほとんど初期のナンバーばかり。
あげくの果てにアンコールの2曲はなんと
ジョイ・ディビジョンの曲でした。
途中からず〜っと鳥肌が立ちっぱなしだったよ。
今年のサマソニもほんと堪能した。

ニュー・オーダーはピーター・フックがいなくちゃ、
なんて向きもあるようですが、
オレは満足だったな〜、もちろんいて欲しいけど。
たいいち、ピーター・フックが脱退したのを
直前まで知らなかった。



burnard.jpg
余談ですが、バーナード・サムナー↑が
おじさんになってずいぶん太っちゃってて、
どうしてもデヴィッド・ギルモア(ピンクフロイド)
に見えちゃうんだよね・・・

このひとギルモア↓
gilmore.jpg
ようままちゃんはきっと見分けがつかないよね。



来年は誰が来るかな?
こういうイベントはリユニオンとか盛んにあるからね。
トモヤング氏は『ブロンディ』が希望だって、
鍵盤ハモニカさんは『ファイン・ヤング・カニバルス』
お二方とも渋いとこ突いてくるね、どちらも見たい。
オレはそうだな〜、『B-52’s』とか楽しめそうだな。
意外なところで『テレビジョン』とかね。
想像してるだけでわくわくしてきますな。


banner.jpg

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

轟音!アトミック ファイヤーボール 二万電圧

自分も20代の頃は月イチで出演していたライブハウス、
高円寺の20000Vが火事にまきこまれてしまい、
東高円寺で二万電圧として再スタートしたらしい
という話しは聞いてはいたのですが・・・

先日、友人のPKOくんから
「アトミック ファイヤーボールの再結成をやるからね」
とお知らせを頂きまして、
お~、あの伝説のバンドがやるなら是非体感しないと、
ということで、初めて二万電圧に行ってきた訳ですよ。

PKOくんとは当時はかなり近いシーンで活動していたのですが
atmic fireballのライブを見たことはなかったんですよね。
なんつったって家の近所でたまたま知り合った仲なんでね。
afb2.jpg
ベースでボーカルがPKOくんです。
3人バンドとは思えない圧倒的な音圧とスピード感。
ほんとカッコよかった、すげーコーフンした。
当時アメリカでレコードも出てツアーもやったらしいんだけど
なるほど納得したよ。

afb3.jpg
この日出演していた「KIRIHITO」
このバンドもぶったまげた。
こんなユニット見たことないな~。
とんでもない才能を持った2人組でした。

いや~、オルタネイティヴハードコアと言ったらよいのか、
それにアテられて、すっかり高揚しまくっちゃって
帰りはバイクに乗りながら、なぜかデヴィッドボウイを
大声で歌いながら帰りました。
家について気がついたら大音量のせいで
ヒドい耳鳴りがしていましたが、
それも久々に気持ちよかったりしてね。

PKOくん、また工場に遊びに来てね。

テーマ:PUNK ROCK - ジャンル:音楽

「ゐろりかふぇ あいはら」と「ライブカフェバーCoo」
12482.jpg
20代の頃、渋谷区代々木八幡付近でさんざんお世話になった
相原誠さんからひさしぶりに電話がかかってきました。
「骨董喫茶を始めたからおいでよ」だって。
「骨董喫茶ってどんなんだよ」と思いながらお店へ行くと
正面の看板には“居酒屋カフェ”、道路の看板には
“囲炉裏喫茶”って書いてある。
ますますわかんないね~・・・

で、店内はというと
12483.jpg
骨董品がただ無造作に置いてあります。
一番奥のつい立ての向こうがたぶん厨房。
その手前に2人がけのちいさなテーブルがひとつ。
あとは座敷に1m四方のいろりがひとつ。
それだけ。

なんとも誠さんらしい個性的なお店です。
いろりの座敷に座ってカレーとコーヒーを頂いた。
食いもんはカレーのみらしいが、
毎日違うカレーで同じものは出てこないらしいです。
喰い終わっていろいろと愉快なお話しを聞かせてもらって
一緒に行った娘も少々コーフンぎみでした。
いろりばたの座敷が居心地が良くてね。
だら~んと足を投げ出して話すと落ち着くんだよね~。

『ゐろりかふぇ あいはら』




で、その二日後、
東大和のライブバー“Coo"で誠さんのライブがあるとのことで
せっかくなので行ってきました。
このお店は奥さんのお店です。
ネオライフライブなんかでも何回かお世話になった
おなじみのオシャレなカフェバーです。
12481.jpg
御年61歳、ギターボーカルのご本人と
ドラムは息子さんです。

こんだけ自由に生きていければ本望でしょうね。
毎回会うたびにいろんな話しをすればするほど
「オレの生き方もも少なからずこの人に影響を受けでるんだよな~」
とつくづく思います。
とはいっても、
この人みたいに仙人の域に達するにはまだまだ修行が必要ですが。

『東大和 Cafe Bar COO』


で、相原誠さんが何者かと言うと
021120dtbwb-02.jpg
一番右の人です。
いま40代の人はわかると思います。
当時はドラマーです。

『相原誠』


近所にこんないい店が2軒もあってありがたいっすよ。
ちかごろはこんな感じっす。


テーマ:ホンダ360cc - ジャンル:車・バイク

ニューオーダーがサマソニに来るってよ!
毎夏の音楽イベント「サマーソニック」へ行くか否かは
出演するメンツによって決めています。
去年はポップグループやPILを目当てで行ってきました。
その帰りに一緒に行ったトモヤングくんと
「来年はニューオーダーあたりが来るといいね」
なんて話しをしていたら出演者発表第一弾で
まんまとビンゴしてしまいました。
ということは今年も夏の楽しみができたというワケですね。




そしてカーディガンズも再結成して出演するらしいです。
これもものすごく楽しみ、うれしい!

The Cardigans - Rise And Shine


今後もどんどん出演者が発表されるはずですが
こういう流れだとデペッシュモードとかイレイジャーとか
はたまたディーヴォとか来ないかな~。
ほんとに楽しみだな~


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

| Home | Next
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。