“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なめんな、白バイ!

朝、お客さんを駅まで迎えに行く途中、
一時停止不履行でとっつかまってしまいました。
違反キップは8年ぶりくらいでしょうか、
これでゴールド免許ともオサラバです。
しかも、かなりキビシイ摘発なので
残るのは悔しさだけです。
こんなんで「危険なことをしたな~」
と反省するヤツはいないでしょうね。
運が悪かったと思う人が99%でしょう。
あ~あ、

-T氏Z納車
-スバルカスタムブレーキ足周り修理終了
-部品屋、板金屋、郵便局

*明日*
-バモスほか、作業の作戦を練る
-不要品、工場内のかたづけ

いまのところようやく一段落
そろそろHPの記事もかかなきゃ、
スポンサーサイト
アナーキー!

アナーキーシティー 亜無亜危異都市/1981
アナーキーライブ/1982

出ました、日本のパンクロックのはしりである
アナーキー(亜無亜危異)です。
デビュー当初は不良や暴走族まがいの連中に好まれるような
いきおいにまかせたチンピラ的バンドでしたが
この3rdアルバムとその次にリリースされた
このライブ盤くらいの頃になると
押しも押されぬ本格的ロックバンドで
聞きごたえ十分な好アルバムです。
また、社会への疑問をテーマにした歌詞も
とても素直で好感が持てます。

とにかくライブがカッコいいバンドで
新宿ロフトの月いちの出演日には
学校を休んで毎度通っていました。
ボーカルのシゲルは圧倒的パワーと迫力で
ちょっと近寄りがたい存在でしたが
とにかくカッコよかったですね。

その後ギターのマリがロフトで殺傷事件を起こし
活動を停止してしまいましたが
(オイラも事件の数時間前まで一緒にいた)
その後もバンド名を変更したりして
精力的に活動しているそうです。
事件後、アナーキーとは別活動のマリとは
その約15年後に偶然再会しましたが
当時と全く変わらぬルックスで
パンクバンドをやってました。
なんだかうれしかったですね。
たいへんお久しぶりです

T氏Zエンジン積み替え作業ほぼ終了。
明日もう少し走ってみて調整したら完了か。

ぷさんスバルカスタムブレーキ分解、
フルード漏れ発見、部品発注。

夕方、ジャイロキャノピーで岩崎(恒)さん登場。
旧車マニアではなく、今では少なくなったマジなサブロク乗り。
サブロク免許しか持ってないライフATオーナーです。
近くまで来たので様子を見に来たとのこと。
ウレシイですね~。
クルマも体調も絶好調みたいです。
健康に良い食べ物の話を小一時間講義してくれました。
今度ツーリングをするときは誘ってみよう。
なつかしい人も多いのではないでしょうか?
オン歳69だそうです、元気ですね~。

*明日*
-T氏Z 最終仕上げ
-スバルカスタム ブレーキ
-部品屋
ところざわクラシックカーフェスティバル

アットホームな旧車イベント、
ところざわクラシックカーフェスティバルに参加してきた。
ネオライフ自治会はあいかわらずのゆる~い感じで
フリーマーケットスペースは単なるバカ話会議場と化していた。
天候にも恵まれ、沢山の方々ともおおいに語った楽しい一日だった。
このところ続いていた旧車イベントの参加も今年はこれで最後です。
年末に向けてたまった仕事をバンバンこなしていきましょう。

*結構、沢山の稀少車が集まってくる。
参加車はどれも古いものばかりだが、ジャンルはさまざまなので
でっかいアメ車とリトルホンダが同居する不思議な空間となる。
しかしその雑多な感じが気楽で楽しいのである。
でも最大の魅力は会場までの近さか。
くたびれても結果が出て満足

T氏エンジン載せかえ。クラッチ交換と違って
ヘッドとシリンダーを分割して降ろすのでちょっと楽か。
タイミングベルトを掛けるところまで終了。

7時頃郵便局に行く時に、明日納車の白エヌ2号に乗ってみるが、
なんだかエンジンの調子が気に入らない。
戻ってごそごそといじり始めて結局今日も日をまたいでしまった。
でも、よどみなく回るエンジンとなったので意気揚々と帰宅できた。
土曜としてはめずらしく来客なし、作業に集中。

*明日*
工場はまたもや休業で
“ところざわクラシックカーフェスティバル”に参加する。

自分が作業している写真をほとんど持ってないことに気がついて
初めて使用したセルフタイマーで撮ってみた写真。


| Home | Next
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。