“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうこんな時間!
ブログのテンプレートのカスタマイズに
すっかり夢中になってたらこんな時間に!
見やすいように字を濃くしたり
バナーをつけたりしてたのだが
タグの打ち込みがすごくややこしい、
カスタムはむつかしいね~。
スポンサーサイト
あったかいね~

そろそろ12月だというのに
なんでこんなにいい陽気なの?
かなり寒かったちょっと前の数日で冬が終わり、
早々と春がやってきたみたいな陽気。
お茶野郎のかみさんと娘2人も工場にやってきて
表の陽当たりのいいところでしばらく遊んでた。
かみさんういういしく、上の娘よくしゃべる。

千葉ライフ エキパイ溶接修理、納車。
ぷスバルカスタム ブレーキ調整。
いましーバモス キャブOH、エンジン始動、電装。
ヴィニャーレ 補器類取り付け、エンジン始動。

遅くまで作業したものの、今日は全てに於いて
良い結果が出てはかどったので両野郎とも満足。
都内へ電車の旅

今日は電車で都内へクルマを引き取りに行く。
しかし田舎モンなので自動改札が鬼門である。
乗り換えの度に警告音とともに
シャッターが閉じてしまう事態に3度も陥る。
その度に無視して乗り越えていくのだが、
次の入り口で入れなくなっちゃったりするのだ。
あげくの果てにはタダ乗り扱い。
めんどくせ~。

まずは足を伸ばして秋葉原電気街で
道具やパーツを調達する。
久しぶりに訪れたのだが九龍城のような
パーツ会館はあいかわらず怪しさ満点でわくわくした。
ぷさんの職場が秋葉原なので寄ろうと思ったが
時間の関係で今日は割愛させていただきました。


0511241.jpg
その後、目的地の巣鴨へ。
巣鴨と言えばババアの竹下通り(原宿)と呼ばれる
地蔵通り商店街が有名ですね。
4のつく日は縁日らしく、ものすごい混雑。
至る所に座り込む年寄り達。そんな風情を楽しみながら
この通りの奥に父の職場があるので尋ねてみた。
するとそこには地下鉄夫婦漫才でおなじみの
“春日三球”さんがいたのであった。
そうです、ウチの父は三球さんとは
ビジネスパートナーなのです。
一緒に写真もとったし、満足して目的地へ赴いて
クルマとバイクをお預かりして帰宅する。
たまには電車でふらふらと歩き回るのもいいもんだ。
自動改札さえなければね。

*明日*
-パーツ発送
-パーツ発注
-千葉ライフ仕上げられるか?
-いましーバモスもそろそろキメなきゃ。
勤労感謝の日だったのね

気がついてみたら勤労感謝の日でした。
ここで一発休んで充電し、年末に向かって
スパートをかける準備の日なのね。
でも気がついた時には工場にいたので働きました。

明日はクルマの引き取りがあって一台入庫するので
なんとしてでも千葉ライフを動かせる状態にしないと、
ということで、なんとかエンジン搭載終了。
とりあえず始動することを確認するところまで。
道具やガラクタも片付けて明日に備える。
改めて写真を見ると床のひび割れがすごいね。
全然気がつかなかった、だいじょうぶか?

*かつみさん来る、バッハのCD借りる。

*明日*
-電車で都心へクルマの引き取り。
-部品発注。
-郵便局

というわけで明日は工場にいません、あしからず。
日曜らしい日曜
今日は小学館の関係の方々が
運び屋Yamaさんのエヌの撮影に来た。
早速純正ホイールに付けかえて送り出す。


0511202.jpg
横浜石Kさん シリンダーなど納品
那須熊さん いちょう祭りのパレード帰りにモークで登場、
N600のキャブ納品。
にょけい昨日に引き続き登場。
お茶野郎、ヴィニャーレのエンジン積み作業


今年は灯油が高いのでパーツ洗浄台(灯油の流し台)の
掃除を後回しにしていたが、いよいよ千葉ライフの
エンジンパーツを洗浄せざるを得なくなったので
意を決してとりかかる。案の定、中はどろどろ。
洗浄油を受けるでっかいバットを綺麗に洗って
高価な灯油をひと缶おごってやったものの
バットに小さい穴が空いててチューチュー漏れてる。
あわててポンプでペール缶に移し替えて
「もうこれでいいや」とそのまま使うことにした。
このくらい小さい方がリーズナブルでいいや。
このサイズならしょっちゅう入れ替える気分にもなりやすいし。
それにしても扱うクルマもぼろいが、備品もぼろい。
このさきこの工場はどうなっちゃうんだろう?
そんなこんなでパーツを洗い始めたのは夕方。

*明日はやすみ*
| Home | Next
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。