“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バモス心霊ツーリング
07828.jpg
約10ヶ月に渡ってあちこち整備した赤バモス。
先日ようやく車検を終えて、いよいよ納車を待つばかり。
オーナーは福島県在住の方で、
来週末に工場までとりにきて自走で帰るということなので
長距離テスト走行をしとかなくてはなりませんね。
なにしろ10年程眠っていた車ですから心配です。

ひとりで走り回っても面白くないので
幽霊モノが大好きな家族をそそのかして
不気味な夜の奥多摩湖まで走りに行ってきました。
この時期は夜でも市街地はムッとした熱気だが、
青梅を越え山に入ると予想以上に寒く、
こいつらすっかり着込んでます。
しかも息子は怖いのが好きなくせに非常に恐がりです。
(張り切ってゲゲゲの鬼太郎Tシャツを着てきたのに・・)

幌をはずしたバモスの開放感は心地よく、
霞がかった空や月も美しかったですね~。
8月もそろそろ終了、
オイラの大好きな夏もぼちぼち終わりに近づいております。

で、肝心の走行テストは100キロ弱走って結果良好。
走るにつれていろんなところもスムーズになってきて
な~んにも問題なく戻って参りました。
という、仕事半分、遊び半分の夜でございました。
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

Dexys Midnight Runners/ Too Rye Ay<1982>

ネタがない時のBGMコーナー、
本日は大ヒット曲"カモン・アイリ-ン”でお馴染みの
デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズのセカンドね。
フィドルやバンジョーなんかを織りまぜた
ケルトの民謡をベースにした楽しいサウンドに、
ケヴィン・ローランドのソウルっぽくも
ニューウェイヴっぽくも聞こえるヘナヘナな歌があいまって
斬新なカントリーミュージックを聞かせてくれます。

♪カモン・アイリーン↓
http://www.youtube.com/watch?v=7z9bPrUark4
明るい曲なのに、なぜか哀愁がただよいますね。

ビデオを良く見ると、その後スタイル・カウンシルで
ポール・ウェラーの相棒となるミック・タルボットもいます。
オイラもだぶだぶのオーバーオールにカンフーシューズで
こんな感じで踊りまくっていた時代もありました。
で、だぶだぶをはくとパンツが横から見えちゃうもんで、
このスタイルの時はノーパンだったのですが、
気をつけてないと上から丸見えなのでヤバいわけです。
するとある日、当時の学校のおばあちゃん先生に
「女の子もいるんだからもうちょっと着込みなさい」
とお叱りを受けてしまいました。
みんなからは好評だったんですが、オシャレは大変です。
80年代って今振り返るとダサダサな時代ですけど、
個人的には楽しかった思い出が一杯ですね。

これはアルバム全体、非常に聴きやすい好盤です。
清流にて夏休み

夏休みはかみさんの実家へ里帰りしておりました。
日中は清流四万十川で毎日のように泳ぎ、
夕暮れ時はぼ~っと山から沸き上がる雲を眺め、
夜になって空を見上げれば
かなりの確率で流れ星を見れるという
現実離れした暮らしもあっというまに終わってしまい、
すでに工場での作業を再開して現実に引き戻されております。
毎回行くたびにあちらに住みたくなりますね~。
かみさん息子はもうしばらくアチラに滞在してますので
もうしばらくはネコのコタローと2人暮らしです。
工場からのお知らせ

1)工場の夏休みは9~17日までです。
その間はパーツの発送、メールの返信も休み明けとなります。
というわけでよろしくです。

2)5月にお知らせしたサンケイ新聞への掲載が
今度の9日がOさんのLN、10日がネオライフで決定したとのことです。
詳しくは→http://waxworks.blog21.fc2.com/blog-entry-249.html
さ~て、工場がどんな風に紹介されるのか楽しみです。


3)水冷Zの出物を販売開始します。
ボディはとてもキレイ、エンジンも絶好調です。
さらに車検がほぼ2年残ってますので即乗れます。
近日中にHPにもアップ致します、これはオトクな車です。
休み前にお問い合わせの方は明日(8日)中に!

4)ベスパのベース車入荷
アナタのお好み、ご予算に応じて仕上げます。
ベスパは高価というイメージですが、
それはどこもレストア済みで売っているからですね。
ベスパはもっと気楽な乗り物なのです。
どうぞお気軽に立候補、ご相談ください。

というわけで、しばし“おヒマ”を頂きます。
昆虫王国ネオライフ(セミの羽化を観察)
昨日の記事を書いた後、ほどなく羽化が始まりました!
結局、かみさん、息子も合流して
みんなで息をひそめて見学しました。
それでは神秘的なひとときを写真満載でレポートです。


背中がパカッと割れた!

077312.jpg
細かく身をよじりながら、まずは頭から出てくる

077313.jpg
約10分後、ようやく上半身が外界へ
とっても美しい透明な緑色。

077314.jpg
ようやく体が完全に出てきたが、
おしり部分を殻にはさんだ体勢のままじっと動かず。
身体が固まるのを待っているのか・・このまま1時間弱。

077315.jpg
おもむろに上半身を起こして
ゆっくりと自分の殻につかまり、また静止状態に。
羽がキャベツのようで美しくかわいい。

077319.jpg
ゆっくりと羽が伸びてきて
ようやくセミの体裁になった。
そんで、またもや静止すること小一時間。
この時点でかみさん息子はギブアップでおやすみ。

077317.jpg
だいぶ色が濃くなってきてアブラゼミであることが判明。
ごそごそと足を動かし始めたので、
そっと耳かきを近づけるとうまく乗っかったので
いつでも飛び立てるようにと、ベランダのよしずに移してやった。
そしてまた静止。

よしずに移動した後はオイラもさすがに寝てしまって、
朝起きたときにはすでにそこには居ませんでした。
それにしても、いいものを見せてもらいました。
ホント感激なんてもんじゃないっすよ!

セミの羽化は膨大なエネルギーを必要とするらしく、
羽化の途中で力尽きて死んでしまうこともあるそうです。
ウチに連れて帰った責任もあるし、
無事に成功したようでなにより・・ホッとしました。
あのセミも残り人生約一週間。
思いっきりバタバタ飛んで(オスなら)ミンミン鳴いて、
パンパンヤリまくって、人生を謳歌して欲しいですね。

077318.jpg
そしてオイラの部屋のカーテンには
普段見慣れたセミの抜け殻が残る。
今年の夏が終わるまでこのままにしておこうっと。
| Home |
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。