“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ところざわフェスでの収穫?
071023.jpg
こないだの日曜日は毎年恒例の
ところざわクラシックカーフェスティバルが行われました。
ギリギリでブースを確保することもできて、
良い天気の中、みなさんと楽しい一日を過ごしました。

毎回のお楽しみはやっぱりフリーマーケットですね。
このところ工場の電話機がひじょ~に調子が悪いので
その代わりに使ってみようということで、
今年は写真のピンク電話を買ってみました。
ただ、管理用のカギがついていないので
「いちいち硬貨を入れないと使えないかも」
というチャレンジ商品です。

後日、工場でつないでみたら、
やはりお金を入れないと使えません。
このままでは面倒なので
バラしてキーシリンダー裏の配線をいじったら、
なんとか通常使用できる状態に。
いわいるキルスイッチを解除した直結状態なのか?
やったぞ、と思ったのもつかの間。
受話器をあげればそのままかけることはできますが、
相手が出た途端に“カイセンエラー”と表示がでて
プツッと切れてしまいます。
工場の電話回線がNTTではなくKDDIだからなのか、
やっぱりキーがないとダメなのか・・

いろいろ調べてみたら“ピンク電話専用契約”
なんてのもあるみたいなんですが、
「キーさえひねれば通常使用できる、
なんて情報もあったりします。
どなたか詳しい方、いらっしゃいませんかね?
現状、受信はできるみたいなんだけど・・
スポンサーサイト
でかいキンタマのタヌキだらけの町

と、こんな感じで遊んだ次の日は
同じ甲賀市内の焼き物の町、信楽へ行ってみました。
タヌキで有名な信楽焼の産地ですね。


0710162.jpg
この町内はどこへ行ってもタヌキだらけ。
丁度、焼き物祭りの最終日だったらしく、
駅前広場では即売会も行われておりました。
この町は古い町並みを残した情緒あるところで、
子供の頃、来たことはあっても、こんなに雰囲気の良い
いいところだとは全く気がつきませんでした。
せっかく焼き物の町にやってきたので、
当然のごとく陶芸体験もしてきましたよ。
作った作品はひと月後くらいに送られてくるそうです。
楽しみですね。

いや~、滋賀県楽しかったですよ。
両親の帰省で来たことは何度もあっても、
こうしていろいろ見て回ったのは初めてでした。
町そのものも、もちろんよかったんですが、
地元のひと達の言葉使いが、これまたいいのです。
京都に近いだけあって、おだやかで
はんなりとした方言が心地よい、
とっても癒される楽しい3日間でした。
「どうも、忍者の末裔でございます」

先日の連休はお墓参りで留守にしていました。
その間、工場の電話の受話器があがりっぱなしだったみたいで、
ず~っと話し中状態だったみたいですね。
ご心配、ご迷惑をおかけしました。

連休中はお墓参りの為、甲賀忍術の里
滋賀県の甲賀市へいっていたわけです。
オイラの両親は生っ粋の甲賀人ですので、
息子のオイラも当然、忍者の末裔というわけです。
どうりで、逃げ足だけは速いワケです。

というわけで、せっかく甲賀まで出かけてきたので
一件だけ現存する当時のままの本物の屋敷というふれこみの
“甲賀流忍術屋敷”なるところを見学してきました。
(ほかのところは再現したものらしい)
いや~、ホンモノはやっぱりスゴイ!
屋敷の至る所に細かくいろんなからくりがあって
想像していた以上にアイデア満載の
実用、実戦的に考えられている建物でした。

さらに、忍者コズプレが500円と格安だったので
家族3人で着込んで屋敷の中で走り回ったり・・・
ここは見学して説明を聞いて「へ~っ」と感心するもよし、
忍者気分でからくり屋敷を飛び回るのも良しと、
期待以上に、ひじょ~に楽しい所でした。
でも、この格好ではしゃいでいると
観光客に記念撮影を求められます。
どうやら屋敷のひとと間違えられているようですね。

お隣、三重県の伊賀忍者資料館にも行ってみましたが、
リアルながらもアットホームな甲賀がオススメですね。

『甲賀流忍術屋敷』
http://www.kouka-ninjya.com/

次の日の模様はさらに次回に続く・・

UFO目撃情報!
昨日の晩はいい気候だったので
シャッターを開けたままクルマの下に潜って
エヌのドライブシャフトまわりの作業をしておりました。
すると夜9時頃、向かいの家のお父さんが
「おい、いまUFOが飛んでいったぞ」と工場に入ってきたのです。
目撃した瞬間に工場を覗いたらオイラがクルマの下に居たので
間に合わないと思ったらしく、もう一度空を見上げた時には
すでに飛び去った後だったそうです。
ちょっとお酒も入っていたようなので、怪しいですが、
ものすごく無邪気に興奮している様がほほえましく、
オイラも「ほんとかよ~」とゲラゲラ笑いながらも
ひと通り話を聞いて再び作業に戻りました。

それから約30分後、ちょうど作業もメドがついたので
今日は片付けようと思っていたら、再びお父さんが登場して、
「いま、読売新聞に電話してUFO目撃情報が入ってないかと尋ねてみたら
そんな情報は入ってないって言われちゃったよ~」と。
よっぽど嬉しかったみたいですね。
62歳にして初めてUFOを見たらしいですから。

それから、なんだかんだとしばらく話し込んでいたら、
今日は帰ろうと思っていたことをすっかり忘れてしまって、
気がつけば赤エヌのエンジンの腰下組み立てに没頭してしまい
時々発揮される“無心の集中力”がみなぎったらしく、
我にかえった時には朝5時になっていました。


お父さんのおかげでここまで組み上がったよ。
いや、UFOのおかげかな?

071062.gif
お父さんによると、
複数のUFOが逆V字型の編隊を組んで
あっちの空へ消えていったそうです、
その間10秒くらい。
| Home |
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。