“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『暗いと文句を言う前に、すすんで明かりをつけましょう』???

年度末車検ラッシュも一段落したので、
溜まっていた小さな作業を順番に片付けて
いよいよ大物作業に突入となります。
と、その前にしっちゃかめっちゃかな作業机を
なんとかしなくては大物にとりかかれないので
昨日の晩は作業が一段落してから片付けを始めました。
そしたらだんだん熱が入ってきちゃって
机の周辺のツールワゴンやらもひっくり返しはじめたら
朝の5時前になっていました。
で、今日は車検のあと出張修理で、工場にもどったらすでに夕方。

去年から工場の入り口付近がやけに暗いな~と感じていました。
自分の栄養状態が悪く、トリ目気味なのかな~と思っていましたが、
離れたところから見たら両側共に蛍光灯が切れていました。
夜はいちいち作業灯を移動しつつ、
時には手探りで苦労していたのが全くのムダだったということです。
なんとまあ、どうして蛍光灯が切れてることに気がつかなかったんだろう。
己の“バカさ”かげんにビックリがっかりですよ。

すぐさま蛍光灯を調達してきて点灯したらなんと明るいこと!
(それでも元が元だけに薄暗いけどね)
今日は早く帰ろうと思っていたが、気分を良くして片付けの続きと、
溶接機を引っ張りだして、以前から後回しにしていた専用工具の製作、
さらには動きの悪くなった2本のラッチェットの分解整備を
ちまちまやってたらあっという間に0時前になってしまいました。
でも、そのかいあって、これで準備は整ったぞ!
これでいよいよハイゼットとZのエンジンばらしを始められそうだと思ったら、
明日ライフが緊急入庫決定、相変わらす満車状態ですな~。

今回の場合まさに
『暗いと文句を言う前に、すすんで明かりをつけましょう』かな?
高度成長期時代だったらそれでいいんでしょうがね~・・・
オイラは作業する場所以外は極力消してます、ケチケチです。
スポンサーサイト
ティーンエイジ・ファンクラブ/サーティーン

『Teenage Fanclub/Thirteen』<1993>

先日、数少ない音楽の趣味が合う友人、
“YMちゃん”から情報をもらってスコットランドの都市、
グラスゴーのインディ音楽の本を買いまして、
それについていた付録のCDを聴いたのがきっかけで、
最近の工場でのBGMは定期的に開催される
“ティーンエイジ・ファンクラブ”フェアとなっています。
この4枚目のアルバムまでは轟音ギターバンド色が強いのですが、
ノイジーなギターに乗せた泣きのメロディがたまりませんね。
現在ではバーズのような雰囲気も併せ持つ
フォークロックに近いサウンドになってはいますが、
その過渡期とも言えるバランスの良いアルバムです。
デビュー当時から一貫して変わらないのは
音楽に対する良心を感じるロックバンドであるということです。
自分にとっては居なくなっては困る人達なのです。

動画の曲はこのアルバムからではありませんが、
生演奏がカッコ良かったのでこれをチョイスしてみました。
この曲を聴くたびになぜか胸がしめつけられる思いがします。
“the concept”という曲のおしりに
“satan"という曲が演奏されています。
この落差のあるつなぎ具合がまたカッコイイ!
| Home |
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。