“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にXTCにハマる。

XTC/MUMMER 1983

一時期は好きなアーティストと聞かれると
真っ先にXTCと言っていたもんでした。
先週は初期の4枚、今週はその後の4枚を
狂ったように繰り返し聞き続けています。
初期はポップでありながら不協和音を効果的に使った
どちらかといえばロック寄りのテクノサウンドで、
世代的にポストパンク(パンクではないが)
などと分類されていましたが、
キャリアを重ねていくにつれ、サウンドも曲調も
美しく気持ちのよいものに変化していきます。
今まではちょうどサウンドが変化した頃の5作目、
“イングリッシュ・セツルメント”がお気に入りでしたが、
今回は6作目の“ママー”が意外に気持ちよく感じました。
夜遅くまで工場で作業している時には
このような美しい曲の作品集にハマるんですね。

さて、明日からは今まであまり聞き込んでいない
9枚目の“オレンジ&レモンズ”以降と、
初期に発表された変名プロジェクトのサイケデリックな
“デュークス・オブ・ストラトスフィア”、その他にも
未発表集やシングルB面集、ライブ盤など
まだまだしばらくはXTCで楽しめそうです。

インテリジェンスな英国野郎度 ☆☆☆☆☆
関連記事
コメント

トラックバック
| Home |
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。