“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘアカット100

HAIRCUT100/PELICAN WEST 1982

このバントは80年代当時、モダン・ロマンスや
ブルー・ロンド・アラタークなどと一緒に
“ファンカラティーナ”とジャンル分けされていましたが、
ボーカルのニック・ヘイワードの可愛らしいルックスのせいもあり、
その中でも得にアイドル色の強いバンドでした。
とはいえ、楽曲、演奏共に非常に素晴らしく、
このファーストアルバムも新人とは思えない程の
余裕さえ感じる完成度の高いものとなっています。
全曲捨て曲無しのカラっとした夏向けサウンドです。
アイドル扱いに耐えられなかったのか、
残念ながらニック・ヘイワードはこのアルバムを最後に
グループを脱退してソロ活動を始めます。
直後のソロアルバムもさすがの
ソングライティング能力でしたよ。

日本のミュージシャン(歌謡界)のひとは
タレントを目標にしているようですが、
英米欧州では最初はアイドル扱いでも行き着くところは
アーティストを目指している人が多いようです。
デュラン・デュランやボーイ・ジョージなんかも
そのクチですね。素晴らしい作品を作ってます。
そう考えると今の日本の音楽に興味を惹かれるものが
少ないのも納得できるような気がします。
だから本気でやってる人たちがアンダーグラウンドに近い
扱いになってしまうのです。非常に悲しむべき状況ですね。

夏にピッタリ、ヘアカット ☆☆☆☆☆

関連記事
コメント

トラックバック
| Home |
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。