“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京国際映画祭 「ケンとカズ」小路紘史監督


昨日は最高にエキサイトする出来事がありまして。
ネオライフの工場でも一部の撮影が行われた
小路紘史監督の自主映画「ケンとカズ」が
なんと東京国際映画祭のスプラッシュ部門で上映されることになり、
お声をかけて頂いて六本木のTOHOシネマズに観に行ってきたのです。
撮影が終わってから2年の間に何度も編集を重ねたとのことで、
最高に迫力のある作品になっていました。
オープニングロールでは嬉しさからか身体が震え、
エンドロールではほっとしたのか涙ぐみそうになりました。
オレはスタッフでもなんでもないんですけどね。

映画が終わってからは満席のお客さんと
監督、主演役者さんとの質疑応答が行われ、
話題がウチの工場の話になった時
「本日客席に来ています、どうぞお立ちください」と促され、
立ち上がって四方に会釈をしたところ会場のみなさんから拍手を頂きました。
東京国際映画祭の会場で紹介されるなんて
一介の映画好きにとってはこの上なくうれしく、
100%ミーハー野郎としてコーフンしました。

映画はお客さんの反応も絶賛の声が多く、
これから配給が決まってたくさん上映されるといいな~って思います。
そして次の作品がつくりやすい環境になっていけばみんな嬉しいですよね。
がんばってほしいです!
以上個人的な浮かれ話でした

東京国際映画祭
「ケンとカズ」小路紘史監督
http://2015.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=57
関連記事

テーマ:ホンダ360cc - ジャンル:車・バイク

コメント

トラックバック
| Home |
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。