“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援グッズ初体験

工場の作業も第一クールが終了したので、
たまにはコミュニケーションを、ということで
息子ととなりの家族と西武ドームに
西武×日本ハムの試合を観戦しに行く。
同行した(こっちがさせてもらった)となりの家の
中学生のおねえちゃんが、これまためずらしく
日本ハムのファンだという。
なんでも小笠原が好きなんだって、シブい!
先発は かの美少年、ダルビッシュ有だったが、
小笠原一筋で眼中にない様子。
段ボールで作った応援プレートを持ってきていたのだが
テレているのか、なかなか出さないので
ちょっと促してオイラも一緒に出してみた。
小笠原の原の字が“笑”になってるのがカワイイよね。
野球場には数えきれない程通っているが、
小学生の頃、ファイターズファン倶楽部の帽子を
かぶった時以来の応援グッズ体験であった。

工場はいよいよ第2クールに突入、
エヌのマフラー修理が頓挫しているので
とりあえずVAの足回りと調子出し。
カーリングって・・

その昔出入りしていたモノづくりの会社で
長野オリンピックをみんなで観戦してたときのこと、
ここの社長はスキーが上手でモーグル競技などでは
かなり興奮してウンチクなぞを語っており、
「オレもオリンピック出たかったな~」
などとぼやいておりました。
そこでオイラが「カーリングなら出れますよ」
と言ったら他の社員も盛り上がっちゃって
皆でチームを結成するという話しになりました。
会社は恵比寿だったので神宮のリンクで
練習出来るし、なにより簡単そうだったのが
最大の理由でした。
しかし、調べてみたらあの石が
一個30万円もするわけで・・。
それを16個用意しなくちゃなんないわけで・・
その時点で社長から
「バカやろう!、そんなに出せるか!」
と却下になり、我々は
オリンピックに出損ねてしまいました。
もちろん深夜のヨタ話なので半分以上冗談の
会話でしたけど。

その後、じっくり試合を観戦してみると
地味ながら実に技術と頭脳を必要とする競技で
すっかりカーリングファンになってしまいました。

今回も観戦していますが、感心したのは
日本のチームの選手は夏のシーズンオフの間は
ランニングや筋トレなどで下半身を鍛え、
より安定した石転がしが出来るように
鍛錬していたそうです。
やっぱりあれもスポーツなんですね。
でも世界No.1と言われているノルウェーのリーダーは
体型や髪型など、どうみても普通のオバチャンで
普段は役所に勤めているとのことでした。
う~ん、どうなんだか微妙なところです。

カーリング話のとっても愉快な会社、
“パワーサポート”のホームページはココです。
http://www.pawasapo.co.jp/
アップル・マッキントッシュの世界では
すっかり有名になりました。
今ではアメリカや韓国にも支社があるようです。
ここの社長はメカの開発、デザイン力などだけでなく
遊び心を持ったとっても楽しい方で、
オイラが尊敬する数少ない貴重な大人です。
この人の逸話もそのうち書いてみようと思います。

*追記*
今日になって気になったので
改めてカーリングの石の値段を調べてみた。
すると1セット(16個)165万円というのを発見。
大分安くなってる!
競技が一般的になって沢山売れるようになったのか?
それともいろいろとグレードがあるのか。
例の社長に「安くなってるよ、」とメール入れときます。
スケートの選手って・・

このところトリノオリンピック観戦で
睡眠不足が続いています。
カゼなんぞひいちゃったりして
「早く寝ろ!」とどやされますが
4年に一回の大会なんで寝てる場合じゃないね。

昨日、一昨日はスピードスケートを観戦。
スケートを見るといつも思うのだが、
男子女子含めてほぼ全員の選手に
共通する気になる行動がある。
ゴールするやいなやメガネを外して
ウエアの帽子を脱剥ぎ取るのだ。
やっぱり選手達自身もあのスタイルは
カッコ悪いと思ってて恥ずかしいのかな~。

たとえるならば
“ギリギリまで水中にいて陸にあがってきた”
             みたいなイメージ。

ホントのところどうなんだろか?

仰木監督逝去

仰木彬前オリックス監督が亡くなってしまいました。
西鉄選手時代は武勇伝でしか知りませんが、
監督としてはイチローを見い出し、
また阪神淡路大震災のときにはユニフォームに
「がんばろうKOBE」のワッペンをつけて
みなさんに勇気を与えた偉大な方でした。
もちろん監督としての手腕も一流でしたが
現在では他の球団でも定番になっているような
お客さんを喜ばせるアイデアをどんどん発案する
エンターテイナーとしての印象も強烈です。
ほんとにおつかれさまでした。
千葉ロッテマリーンズ、リーグ優勝

にわかロッテファンの“ぷ”さんの奥さん、
ロッテバブルボーイズOBの“ヒコン”くん
大毎オリオンズ時代からロッテ一筋“ウチのオヤジ”へ

31年ぶりのリーグ優勝オメデトウございます。
日本シリーズでもいい試合を見せて下さい。
オイラが応援する日本ハムは
今年もほぼ定位置でフィニッシュでしたが
いつもブービー争いをしていたロッテの優勝は
ライバルとしてとってもウレシイです。
やっぱりバレンタイン監督はいいね。
いや~、ホントにおめでとう、うらやまし~!
Back | Home | Next
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。