“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、
 | HOME | 
“煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』
N360/life/stepvan/vamos/Z/TN360など、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』

プロフィール

コーヒー野郎

Author:コーヒー野郎
はいはい、コンニチワ、ホンダのN360、ライフ、ステップバン、Z、TN、バモスなど360cc車“サブロク”を専門に修理する工場『ネオライフ』を経営しております。


HPはコチラ↓
ホンダ360cc車専門工場
『ネオライフ』


カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

MONTHLY


リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE LOODS「LIVING AFTER 311 TOUR』に行ってきた

「当時はこんなメンバーでやっていたワケです」

不肖オイラも一時期参加していた『ザ・ルーズ』
東日本大震災の被災地(者)支援のために再結成するというので
新宿ロフトへ行ってきた。オレはもちろん観客としてね。
今回の純益は<ソウルフラワー震災基金>に寄贈し、
東日本大震災被災地(者)支援に充てるとのことです。
素晴らしいじゃないですか!


1111272.jpg
フロントの3人は西村、鈴木、カタルの不動のメンツ、
ドラマーは元ブルーハーツの梶クンです。
息子は一緒に写真を撮ってもらって大喜びです。

最後の曲ではソウルフラワーの中川くんや
De-Laxのチューヤ氏ほかゲストメンバーが多数参加しての
ド派手なフィナーレでした。
その中に驚くべきお方がいらしたのです!

1111271.jpg
この人オート・モッドのジュネさん!

寝る子も泣いちゃうご存知ジュネさんは
日本のパンクロックシーンを作り上げた方々のひとりですね。
オレが16~7のほんのガキのころに
当時の旧新宿ロフトでさんざんかわいがってもらって
この世界を教えてくれた、いわば恩師ですよ。
そのジュネさんと約25年ぶりに再会!
お互いオッサンになりましたが
昔の話はびっくりするくらいよく覚えているもんで
さんざん懐かし話をさせてもらいました。


というわけで基金に若干協力しつつ
充分楽しんで参りました。
その他にも懐かしい当時の面々がたくさん。
やっぱりパンクロッカーたちは
おっさんおばさんになってもスゴイ、
ほんとスゴイとしか言いようがないですな。





テーマ:PUNK ROCK - ジャンル:音楽

イギー・ポップ - Real Wild Child (Wild One)
111111.jpg
イギーポップといえばストゥージーズとかの
ラウドなデトロイトパンクというイメージが強いけど
個人的には軽快でポップなイギーが好きなのです。

『Iggy Pop - Real Wild Child (Wild One)』

それにしてもいい声。
ギターの人のTシャツが
エイリアン・セックス・フィエンドなのが笑える。

WILD ONEってもともとは誰の曲なんだろうね。
バディ・ホリー?それともこのひと↓?
『Jerry Lee Lewis - The Wild One』

ジジイになっても最高にカッコいいよね~、文句なし!

テーマ:ホンダ360cc - ジャンル:車・バイク

ファン・ボーイ・スリー/The More I See<1983>

元スペシャルズの人たちがニューウェイヴになっちゃった。
イントロのピアノとかコーラスの入れ方とかも秀逸だよね。
大好きな1曲です。

ファン・ボーイ・スリー/The More I See<1983>

テリー・ホールのちょっと影がある感じがいいんだよ。
女子からの人気も高かったよな~

その前の彼らのバンド
Too Much Too Young - The Specials - Live 1979

こっちはゴリゴリの2トーンサウンドだね。
そういえば再結成スペシャルズがおととしのサマソニに来てたな。
オレは残念ながら違う日に行ったんだ。
見たかったな。

テーマ:ホンダ360cc - ジャンル:車・バイク

オッサンになって鈍りきってしまった感受性というものをツンツンされちゃった一日(サマソニ2011)

おととし行って去年はお休み、
今年は行ってきました、サマーソニック2011
なんつったってこの目で見るまで「ホントにくるのかよ」
というくらい信じられないようなメンツが発表されてるからね。
一昨年のヴァセリンズの時も思ったのとおんなじ、
こんな方々が目の前でパフォーマンスするなんて
一生もんの体験になることうけあいなんでございますね~


現場に朝一から到着して各ステージを下見したりなんかして・・
午後になってようやくお目当てのバンド登場、

まずはソニックステージでポップグループね。
popgroup.jpg
当時と比べて「だれ?」というくらい肥えてしまったが
マーク・スチュワートの叫びを浴びれたことは幸せですね。
おじさんメタボなんで後半は扇風機の前でバテてたけど(笑)
とにかくモーレツに興奮した。



次はバウ・ワウ・ワウ
80年代に登場したアダム&ジ・アンツと並ぶ
ジャングルビートのダンスバンド。
bowwowwow.jpg
Voのアナベラちゃんは当時15歳くらいだったかな?
だいぶオバサンになっちゃったけど
予想以上に楽しくなっちゃって・・
2曲くらい観たらジョンスペンサーグループの会場に
移動しようと思ってたんだけど結局全部観ちゃった。


ここで隣のマウンテンステージに移動して
いよいよパブリック・イメージ・リミテッド登場
パブリック・イメージ・リミテッド
コーフンするとは思ってたけど
ジョン・ライドン先生の存在感は
コーフンどころの騒ぎじゃなかったよ。
高校生の時に中野サンプラザでも観たんたけど
その体験をかる~く凌駕するほど感激した。
PILはやっぱりギターがキース・レヴィン、
ベースはジャー・ウォーブルじゃないとと思っていたけど
ジョン・ライドンさえいれば十分成立するんだな~と思った。
ほんと、いまが全盛期なんじゃないの?と思っちゃう。

トモヤング氏曰く、
「ジョン・ライドンというよりジョニー・ロットンだ」
要するにセックス・ピストルズ時代のブッ飛びぶりってことだね。
とにかく抜群の表現力、抜群のリズム感、
ライドン流ラップ(語弊があるかな?)
有名進学予備校の名物講師さながら、
ぐいぐい引き込まれちゃう。

PILの次が少女時代というのもフェスならではのシュールさ。
場所取りのファンが突っ込んできて腰をやられちゃったよ。


で、再びソニックステージに戻ってトリはスエード
suede.jpg
スタジアムのステージではレッチリも演ってたが
オレは迷わずスエードへ。
ちょっとしたベスト盤的選曲で会場も盛り上がっておりました。
とにかくメロディが良質なので全然飽きない。
ルックスがいいんでイギリスではアイドル扱いらしいけど
演奏も曲も素晴らしいと思うよ。
少なくともオアシスなんかよりも全然良質。


とにかく今回はポップグループとPILに尽きますな。
今までに相当な数のライブを体験してきたけど
この日のことは絶対忘れないと思う。
オッサンになって鈍りきってしまった感受性というものを
再び呼び覚ますことができたよ。

そして今回は娘をダンナに任せてやってきた鍵盤ハモニカちゃん
音楽に関しては20年のジェネレーションギャップを
全く感じさせないトモヤングくんの2人が同行してくれました。
世代や性別関係なく一緒に楽しめるのが音楽のいいところだよね。
そしてオレはメシを抜いてでもレコードを買っていた頃の気持ちを
いつまでも引きずって生きていくんだろうな~。


P.I.L. - Death Disco (Coachella 2010)

The Kinks - Waterloo Sunset

The Kinks - Waterloo Sunset

どうしてもセッティングの決まらない
くたびれ果てたキャブがあります。
いったい何度脱着分解したことか・・・
結果がでないまま、気がつけばあっという間に夕方です、
暑さもほんの少しだけ和らいできました。
でも西日がまぶしくて目を開けることができません。
というより、目を開けると涙が・・・
よし、もういいや、こうなったら
全ての作業をほっぽらかして歌でも歌おうじゃないか。

なんてなときに聴きたくなる曲なんだよね。


「ともだちなんていらないよ、ウォータールーの夕陽さえあれば」
なんてせつないんでしょ。(全体の意味はしらない)
今日もヤケクソのようにいい天気でした。

キンクスっていいバンドだな~
レイ・ディヴィスとメシ喰いに行きたい。


ウォータールーつながりでこれもいっとく?
『恋のウォータールー/ABBA』

ルックスはダサイけど歌とか演奏とか
なんといっても曲が最高にいいよね。

普段やかましく汚い音楽ばかり聴いてるので
アバが好きだ、なんて言うと「意外~」みたいに驚かれます。

テーマ:ホンダ360cc - ジャンル:車・バイク

Back | Home | Next
(C)2007 “煎った珈琲豆の粉砕粉の抽出汁野郎”曰く、ホンダ360cc車専門工場『ネオライフ』, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。